自分でできる顔を小さくする方法

顔を小さくする方法 エラ

 

エラが張っていると、顔が大きく見えるため、コンプレックスに思っている人も少なくありません。
エラ張りのほとんどは、咬筋のコリが原因で、頬の周辺に脂肪がつくことで、顔が大きく見えてしまいます。

 

咬筋は、奥歯を動かした時に動く筋肉のことで、この咬筋のコリをほぐすことがポイントです。

 

この咬筋は、寝ている時に無意識に歯を食いしばることが原因となることもあるので、マッサージを行ってコリをほぐすことが大切です。

手軽に小顔になれるボトックス

顎の骨がずれているために顔が大きく見える場合には、骨を正しい位置にもどすことで改善できます。

 

口を軽く開いて、両手で顔を挟むようにし、エラをゆっくり手で押し込むように力を入れて10秒間キープする動作を3回繰り返すとよいでしょう。

 

顔を小さくする方法はいくつかありますが、筋肉が必要以上に発達して顔が大きく見える場合には、ボトックス注射が効果的です。
施術は、筋肉の動きを和らげるボトックスを咬筋に注入するというもので、徐々に顔がシャープになっていきます。